マンガ感想 | 梅干し紅茶






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています



神様はじめました
2010/12/24
Category≫マンガ感想 | comments(3) | -


神様はじめました〔8巻〕

著:鈴木ジュリエッタ





霧仁と共に黄泉国(よみのくに)へ落ちてしまった奈々生。地上への出口をさがして、危険な二人旅が始まり…?一方、社で留守番をしていた巴衛のもとに「奈々生が黄泉で行方不明」という知らせが届く。その時、巴衛の意識に大変化が起きて…!?

(※下記、ネタバレ注意)










7巻に続き、霧仁と巴衛の格好よさが素晴らしかったです!
奈々生は神様やめて霧仁とくっつけばいいと思うのですが←

さて(笑)、中間まで霧仁ルートだったのでまずは霧仁の感想からいってみたいと思います。


黄泉国に来てから何も食べていなかった奈々生のお腹が鳴って、キノコを白札で「本村屋のほかほか肉まん」にしますが…形はキノコのままで、怪しい。

それでも強がって肉まん味だと言い張る奈々生をからかって、ニヤける霧仁がやばい〜!!

「能無し女だな」とか、もはや私にとって誉め言葉(危ない)


霧仁がどうして人間なのに力があるのかという疑問は、この巻で明らかになりましたね。

死んだ人間の心残りを興味本位で叶えるために、その人間の体を借りて人間界に来た霧仁。

そして、感覚が戻るにつれて湧きあがる衝動により、香夜子を利用したんですね。なるほど。


過去の回想を終えて、奈々生が来たことで目を覚ます事が出来た霧仁は、奈々生に接近。





この後、霧仁は奈々生を抱き締めるんですが、やばいって。

霧仁に抱き締められて驚いた奈々生の「私には巴衛という心に決めた狐が…っ」にワロタww


その頃、奈々生の言う「心に決めた狐」こと巴衛は、黄泉国で奈々生が行方不明だと知らされて慌てて助けに向かいました。

そそそそして、黄泉国に行くために自ら望んで小槌により、妖怪の姿に戻った巴衛…!!

長髪姿の巴衛キターwwwww

イケメンのレベルを越えた、言うまでもないクオリティ。
頼むから戦神、引っ込んでくれ!頼むから邪魔しないでくれ!


続きを読む >>


マザーキーパー
2010/12/23
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


マザーキーパー〔5巻〕

著:空廼カイリ





地下闘技場のシャルvsエルザ戦。救いなき、その結末。
コミックス限定の完全描き下ろし新エピソードを収録!!
マザーキーパー達の背負いし想いが、ここに。(帯より引用)

(※下記、ネタバレ注意)










およそ2年ぶりとなる「マザーキーパー」5巻が発売され、やっと私の手元に届きました!!

2年ぶりともなると4巻の記憶に自信がなかったのですが、思い切って読んでみたら案外用語なども覚えていて。良かった〜

うん、とりあえず表紙をめくってみたら現れてたシャルとエルザの絵が最強すぎて鼻血がww





シャルとエルザの衣装といい表情といい、カイリ先生さすが。

「お、シャル久しぶり☆」ってな勢いで読み始めてましたが、シャルのシリアスな過去編だった事を思い出して反省し、1時間かけてじっくり読みました。



コロニーを守るため自分を身代わりにしたシャルは、サイラスに買われ、ある場所に連れてこられて注射を打たれてしまう。


シャル「――触るな変態!!」

シリアス「勘違いして貰っては困るね。私は女には困っていないし…そもそも未発達の子供に手を出す趣味などない」


サイラスまじサイラスだろww

マザキーでお気に入りなのはリントですが、今回活躍したサイラスとアランもウホッですな←



サイラスがシャルを買った理由、それは単純明快な殺し合いをして賭け事を楽しむゲームにシャルを参加させるためでした。

そして、サイラスは2年駆けてシャルを躾け、今回もボロ負けじゃないかと言うアランに余裕たっぷりな笑みを浮かべて、穴埋めのポーンから本命のポーンであるシャルを、ペナルティ覚悟でチェンジさせるサイラス。

ペナルティとして30秒間の攻撃禁止が付加されますが、シャルは余裕で攻撃を交わします。


うおおっ、なんかセイバーリリィのような服装で可愛いな!!

というかその前に、仲間を殺しちゃうシャルがイケメンだww


続きを読む >>


モノクロ少年少女
2010/12/21
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


モノクロ少年少女〔5巻〕

著者:福山リョウコ





かつて伊織を巡る出来事で、黄宛(きおん)への恐れに怯み、足を止めてしまった右京と茅。

その悔恨を残したまま動けずにいる2人の為にも、呉羽はクロヒョウ国に捕らわれた伊織を連れ戻そうと決意するのだが!?


(※下記、ネタバレ感想)










伊織ちゃんと過去の右京と茅の関係が明らかになりましたね。

前巻などでも、伊織ちゃん絡みのお話はありましたが…茅の想い「やり残したこと」が描かれていて、すごい感動しました。

前作の『悩殺ジャンキー』もそうですが、キャラクターそれぞれの想いとか話の展開や結びつきとかが良くできてるなぁ。


茅の右京に対する気持ちと、伊織ちゃんに対する恋心が切なすぎて私も茅を抱き締めたい←

純粋に伊織ちゃんにドキドキしている茅や「そんなにうっきゅんばっか見てたら伊織の気持ち気付かれちゃうよ?」と、自ら穴を掘って悩んだり苦しむ茅が見れて、新鮮で良かったです。


伊織ちゃんが右京にはっきり好きと告げた時「伊織を好きになれば、初めて兄上に対抗できる」っていう右京の気持ちに気づいた茅もたまらんです。


そして黄宛王子は、そんなに悪い奴ではない気がします(笑)

確かに右京の大事な物を奪うのはよろしくないですが、何か裏がありそうだし俺様で好き←



茅が「右京から伊織を奪ってくれ」と黄宛に言ってしまい、右京の全てを裏切ってしまったという茅の後悔が悲しすぎる。

黄宛王子に伊織ちゃんが連れて行かれた時、動くことが出来なかった右京の気持ちも。


そんな事実をたまたま聞いてしまった右京と蝶々、聞かれてしまった茅から笑顔が消え、こんなはずじゃないと耐えられなくなった呉羽は、クロヒョウ国へ行き、伊織を連れ戻す事に。

呉羽は元人間でケダ高で一番美味しい(?)一匹ウサギですが、自分の思うままに全力で走る元気な姿がすごい好きです。

もうね、ウサ耳ラブ(そこかよ


続きを読む >>


ブラッディクロス
2010/12/02
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


ブラッディ†クロス〔4巻〕

著者:米山シヲ





月宮の前に敵として現れた日向、月宮の前に味方として現れた尚。二人が進む道は明るい光が射す道か、暗き孤独が待つ道か…。

その血の香り、清濁併せ漂う


(※下記、ネタバレ注意)










日向と尚、二人の変態キス魔が活躍したブラクロ4巻の感想を書くのを忘れていたので、今更ですが書かせて頂きます。

もう日向イケメンすぎます!エロすぎ!月宮騙しすぎ!

月宮の胸を躊躇いなく舐めちゃう所や、生贄にするために月宮を躊躇いなく銃で何発も撃つ矛盾がむしろイケメンだw

尚は日向よりも大胆で、月宮の乳を容赦なくどこからでも揉んでしまう所がむしろ爽快w


でも、花村さんが一番!!←

「食材の生産者様にあやまりながら洗いなさい」と尚を足蹴りしながら叱る姿が素敵すぎw

花村さんの料理食べたいっ。


神の遺産の先頭に立つ続と皐と和泉さん、そして雑魚キャラの牧野や百瀬も好きです。

アルカナの和泉さん怖すぎww



日向と尚の戦いは、ブラクロお決まりの騙し合いが凄くてどちらもかっこよかったです。

日向はまだまだ隠している力があると思うので、和泉さんの次ぐらいに最強だと思っていましたが、尚もなかなかやるな。

さらに尚は以前の日向と同様に呪いで縛られている混血みたいで、ビックリですね。



そして後半、第三・第四・第五の神の遺産が同時に出現する事が解り、協力関係の皐アルカナチームと続チームは神の遺産を獲得するため再び争います。

月宮が向かう神の遺産が出現した場所には、日向と牧野が。

そしてまたまた月宮は拘束に縛られて日向に大胆に犯されていましたね。ニヤニヤ。

「生き延びさせてくださいってお願いするところだろうが」

日向エロすぎw





結果、カプッ、チュー!笑


続きを読む >>


薔薇嬢のキス
2010/12/02
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


薔薇嬢のキス〔6巻〕

著者:硝音あや





高校生の八麻本アニスは、学園内で人気男子4人に命令できる薔薇嬢。彼らを「薔薇の契約」の呪縛から解放するためにアルカナカードを集め始める。

(※下記、ネタバレ注意)










この6巻の表紙を始めて見た時「やっぱ天上先輩は生理的にだめぽ」と心から思いましたw

美形なのにキモという絶妙な性格は大好きですけどね。


さて、6巻の前半は薔薇騎士の中で私が最も愛している黒薔薇の無月がメインのお話でした。

無月かっこいいーっ!!

無月の本当の名前はクエスといい、兄のヨクト(灰薔薇)が再び無月を闇へと誘いますが、自分はアニスの騎士だと兄の亡霊に向かい撃つ姿がやばいですw


「もっと呼べ」

『オマエの口唇で呼ばれるたび、それがオレの名前になる』

とか、なんなのコイツは!←





『全てをオマエに捧げる』

『本当は過去など思い出したくはない。今が――薄れてしまうくらいなら』


無月の心に犯されたw




後編はアニスと楓にニヤニヤしっぱなしでしたが、ホント柊さん邪魔だし可愛いな!(ぇ

キスとか最高にいやらしい←


楓が柊さんをエラだと見抜き、アニスが傷つかないために身を引けと言う姿がまじ男前。

アニス気付いてほしいな〜



27話では晴嵐君がついに青薔薇第一覚醒しましたね!!
彼はいつもメインでないと空気なので短いですが頑張る晴嵐君が見れて嬉しかったです。

晴嵐×アニスもあまりないので今後、晴嵐君のキュートな可愛さとアニスとの絡みがあることを期待して待っています!


続きを読む >>


俺様ティーチャー
2010/11/30
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


俺様ティーチャー〔9巻〕

著者:椿いづみ





文化祭シーズンとなった緑ヶ丘学園に危機が訪れる。
学園内で頻発する神隠しに続いて、黄山高校との抗争が激化!

その背後には、文化祭で騒ぎを起こし、学園の評価を落とそうと企む生徒会の黒い影が…。


(※下記、ネタバレ注意)










【親指からロマンス】から椿いづみ先生の大ファンなので俺様ティーチャーも大好きです!

何気なく本屋を覗いたらもう新巻の9巻が発売されていて、慌ててアニメイト行きましたw



さて、今回は表紙を飾っているお気に入りの彼が素敵でした。

桶川 恭太郎!!


番長の格好良さも照れも見れたので、もうイチゴラブww

とりあえず物語の始めで夏男が真冬であることに気付いて、子分の後藤くんが来た時、桶川さんなりに後藤から真冬を助けていた姿が可愛かった!!

神隠し事件の真相だったネコミミ☆メイドの男達も最高ww
とくに級長の有栖川くんのツンデレメイドが神すぎます。

その名も、アリスちゃんww

真冬は神隠しを終わらすために自らメイド達の教官になりますが、真冬の教育でさらにアリスちゃんが可愛かったww


その頃、久しぶりに街に下りる事にした桶川さんと後藤くんは対立関係にある黄山高校の生徒達に殴りかかられますが…桶川さん強すぎるだろww

一気に黄山高校の野郎達をフルボッコにした桶川さんは、何かがおかしいと悟ります。

そして、裏で操っていたのは生徒会の高坂俊太郎と番長の子分であるはずの河内でした。


俊太郎は自称忍者の由井同様にただのバカですが、河内くん頭さえててかっこいいなあ。

50話の、桶川さんに対する憧れの心やその憧れが真冬に桶川さんが倒された事によって崩れてしまう所を見て、すっごく悲しいしすっごく惚れた←

なので、ちゃんと桶川さんに想いをぶつけて殴ってもらえて良かったなって思います。

殴ってもらえてとかマゾ発言するとキモ舞苑が浮かぶww


続きを読む >>


執事様のお気に入り
2010/10/30
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


執事様のお気に入り 9巻





発売日の翌日に購入したので結構日は経っていますが、感想を書かせて頂きます。

(※下記ネタバレ注意)




双星館学園の他にも執事学校があるらしく、臨時の全校集会で英国に本校を置くとゆうキースワーズ執事学校の人達が。

双星館学園とは近隣でありながら何も交流はなかったため、キースワーズ校の希望で双星館との親睦合同パーティーをする事に。


キースワーズ校の生徒総代である九条兄弟が素敵でした。

兄の甲一郎と弟の乙留。

どちらも表紙にいますが、伯王に負けないくらいのかっこよさにニヤニヤ。



私的には、伯王と良の距離がさらに縮まった9巻ではありますが楠さんにも注目を!

彼女は名家のお嬢様ですが、勝手にもう一人のヒロインだと思っていますw


楠さんがメインのお話は終わりましたが、9巻でもちょくちょく登場していました。

キースワーズ校の生徒総代である甲一郎が、名家の執事になるため自分を楠家の執事にしてくれと楠さんに言い、仙堂君が庇ってくれるシーンが良いw





乙留より甲一郎の方が好みなので、悪い役ですがお気に入りw


仙堂君もなかなかのポーカーフェイスで良いな〜

楠さんとは幼なじみの関係ですが、執事とお嬢様の立場をわきまえている二人。

このままずっと一方通行なのかなと思うと切ない。


楠さんは仙堂君の事を征貴と下の名前で呼んでいますが、何だかニヤニヤします(またかよ




そして後編は慌ただしい幼稚園のお話でした。

伯王は意外にも子供のお世話は苦手らしく、良の役にたっていないと心配する姿が可愛らしかったな。

もちろん庵と隼斗も居るわけですが、二人は相変わらずの仲のようでw



おままごとごっこでは、良がお母さん役で伯王がお父さん役とお似合な夫婦役でしたねw


より距離が縮まった二人を最後に、何かが動き出している終わり方でした。



次巻も楽しみです!





聖剣の刀鍛冶
2010/10/04
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


聖剣の刀鍛冶四巻をやっと購入しましたよ!
発売してから何日か過ぎましたがようやく買えたw

表紙はアリアですね〜
ナイスボインでほんと可愛いですなあ(キモ

とゆうか山田考太郎先生の絵はとても素晴らしいですね!
書籍ファンなので漫画はいいかと思っていましたが一巻の表紙に惹かれて購入する事にw


それはさておき、感想ですが

ルークの影がついに姿を表した内容になっていましたね。

リサ可愛いよリサ。

ルークのあの戸惑いはめったに見られませんから感動です←

それにしてもセシリーは本当に前向きでたくましいですな。
女の私でも惚れてしまいそうなほど格好いいw

まあ、恥ずかしがって赤面する姿も初々しくて好きですがw


ほら!もうニヤニヤが止まらないから早く結ばれてしまえ!セシリーとルーク!←


そういえばラスト、セシリーがリサとアリアと共に崖の隙間に落ちてしまいましたね。

セシリーが皆無事で帰るという剣士の心と共に次巻へと。

漫画聖剣の刀鍛冶今後も目が離せません!







心霊探偵 八雲
2010/09/25
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


今日の夕方にアニメイトに行って、アニメイト限定表紙の心霊探偵八雲3巻を購入しました!

いつも買い逃してしまう事があるので、早いうちにゲット。

八雲は書籍からのファンなので、コミック一巻から限定の紙が付属しているのを購入してるんです。これからも逃さないように買わなければならない(笑)


3巻は「魂をつなぐもの」で、娘の愛しさ故に起きてしまったとても悲しい事件でした。

もう八雲くんクールすぎ!!
時には優しさも大事…と攻めたい所ですがまあいいでしょう。

いろいろと盛り上がってきた所で次巻は新章に入ります。
12月だそうなので、アニメが始まるからなのか発売早いな。

あと、2ヶ月連続発売する「コンダクター」とのコラボプレゼントキャンペーンがあるみたいなので、買うしかないな〜。


とゆうか、八雲エロすぎww









神様はじめました
2010/09/17
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


今日は学校をサボって心のオアシスで和んで来ました(何

アニメイトって本当に何時間居ても飽きないですよねぇー。

全く二次元に興味がない友人を連れていたので、呆れられてしまう前に、さっさと買い物済ませちゃいしましたけど(笑)


さて、実は何気に少女コミックも好きな乙女少女の紅茶です。

今日発売された花とゆめコミックの『神様はじめました』の7巻を購入して参りました!!

アニメイト特典(多分)のミニ色紙もゲット出来たので興奮。
…こうゆう嬉しい特典がついているから、無難に普通の本屋でマンガを買えないという魔法←

その小さな特典がアニメイトだけ(オリオン書房もありますけど)だと知ってからは、出来るだけアニメイトで買うように。

その機転もやがて実を結んで今では特典の紙やらがわんさか増えて、私の部屋はプレミア…いやレア?な漫画がいっぱい。

なんか、発売日に買ったっていう証みたいで嬉しいんだよな〜


さてさて、神様はじめました7巻の感想ですが…霧仁がイケメンすぎて鼻血が出るかとww

血がダラダラなのに平然としていられる体には、一体どんな秘密があるのでしょうかね…。

12月に発売予定の8巻が待ち遠しい。マジ霧仁イケメン。





…本当に12月は買うものがありすぎて困ります。まほよとスタスカ秋組は絶対に買いたい。

さらに咎狗の血がPSP版で出るようなので…これは多分、私を殺したいんでしょうね←←

あ、うた☆プリも12月に出るんだった…なんでもセシルが攻略対象になるみたいですよ。

鳥さん、私をそんなにイジメないでください…。いつから攻めになったんですか、ええ?←

そりゃあ、攻めの鳥さんも素敵で良いですけど(いいんだ

…すみません、自重します。




Recent Entries
Category
Archives
Comments
Trackbacks
Plofile
[ RSS/ATOM ]
[ Mobile ]
qrcode