ハツハナ | 梅干し紅茶






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています



ハツハナ
2011/11/16
Category≫マンガ感想 | comments(0) | trackbacks(0)



ハツハナ〔角川コミックス・エース〕


著者:桐島(きりしま)ヨウ





【内容紹介】
大学生の一成は極度の対人恐怖症で、カメラ越しならなんとか他人と話せる超草食男子。そんな一成が 袴姿美少女の小槙ちゃんと一つ屋根の下で生活することに…!? おいしい場面を生かせない!? 押しかけラブコメ☆


※ 下記、ネタバレ感想なので注意。大丈夫な方は続きを読むをクリック。




漫画レビュー、復活ですよっと(ドーン)

いやはや……書くの相当久し振りだと思うのですが。(本人が言うなって話ですよね、わかります。ええ。)

―さて。くだらない私情はさて置き、さっそくレビュー書きたいと思いますよー、初スマホでね!!(笑)
なんで、誤字とか見逃してやってください。打つのは辛くないけど、まあとにかく大変なんですよ。……慣れなくては。



*****



タイトルは『ハツハナ』。この作品を買ったのは角川フェア(?)が開催されていた時です。期間中に対象商品の角川コミックスを一冊購入すると、漫画家さんの描き下ろしイラストミニ色紙が貰えるというものでして……。

もちろんお目当ては、シルフコミックス『BROTHERS CONFLICT』のウダジョ先生の描き下ろしミニ色紙!!…それを手に入れるため本屋へ馳せ参じたわけです。その時に『ハツハナ』の表紙が目にはいり、一目惚れして購入したんですよ。





これが、噂のミニ色紙です!!おおおおおおっ、椿梓最高だああああアアアッッ!!双子の設定も美味しかったけど、新たに追加された棗も加わった三つ子ってのも最高にイイッッ!!

―おっと。というわけで今度こそ『ハツハナ』のレビューを(笑)表紙からわかる通り、とってもロリです。ロリータラブコメディです(真顔)え?お姉さま系の美少女が好きなんじゃないのかって?(聞いてない)


幼女は別腹です。ドヤッ


てなわけで、カメラをこよなく愛する主人公の一成は『対人恐怖症』という、カメラのレンズ越し(普段はメガネ越し)じゃないと人と上手く話ができないという変わった性質の持ち主。(というかただのラッキースケベですよ、こいつ。)

そんな一成は、とある事件で幼女・小槙たんと出逢い、おそらく自分のせいで記憶喪失になってしまった彼女をまるで監禁するように(違う)同居生活を始めるのです。羨ましいぜ、全く。

小槙たんはといえば、警戒していたのは最初の数ページだけで、『ほのぼの系だろうな』と読む当初思っていた私の予想をイイ意味で裏切ってくれましたよ。……まさか。まさかこんな美味しいロリを拝めるとは――っ!!!





うひょーー。小槙たんがエロリータすぎて困りました。和服から想像できる『家事が得意で料理が上手い』という概念を覆すほどのドジッ子ぶり。そしてサービス満載のアダルトっぷり。勘弁してくれ!!いくらだ?いくら欲しいんだ?(親父かwww)

すまんが可愛すぎて鼻血噴射5秒前なのだが。おかずにせざるを得ないだろこの可愛さ。一成が羨ましすぎる……こんな幼女に毎朝毎晩『おはようございます』『おやすみなさい』って言われただけで一日の栄養を摂取しなくとも全力疾走余裕ですわ。←

あと“一成さん”のためにお風呂場をキレイにお掃除……のはずが、自分がビショビショになって失敗してしまうシーンが好物です。雷怖いところとかもナイスロリータ(何が言いたい)※寝起きの小槙たんはR18。ww


同居生活の一方、一成の回りにいる愉快な仲間達も中間らへんからストーリーを盛り上げてくれました。恋愛あり、絆あり、萌えあり、BLありという素晴らしいバランス。(最後のはいつもの管理人の妄想願望です。ははっ。←)

だってねぇ?一成の友人・古賀千里くんがタイプすぎんぜ!!ショタ顔で冷めた目付きだけど癒されて、ノーリアクションで無口なところ、乙女てきな意味でも興奮しましたよ。もろタイプでワロタww千里くんは君僕。に参戦してほしいほどのオーラがっww


あと、ハツハナでのBLカプは、武蔵と溝口くん。左京様ラブ!!な武蔵は、きっと本能的なもの。プチ旅行(?)の時に風呂場除きで意気投合した二人が何故か私の餌食に(爆)

二人とも残念なキャラなので、どちらも受けっぽいのですが……元気いっぱいのサブキャラ・溝口くんが攻めですねぇ、これは。願望ですが、いつもヘラヘラ笑う男の子がドSに変貌して攻め舐めまくるっていうキャラだと思うのです。溝口くん。

受けの武蔵は、歳上なら尚更よかったのですが……歳上なのかな?左京ちゃんのお世話をするために大学着いてきたっぽいし、同じ学年ってだけかもね(ゴクリッ)武蔵はプライド高いから、喘ぐ姿が想像できてもう。←



Σはっ。しまった!!本編からズレすぎてる!!すみません(笑)とりあえず、全体的に続編希望の短編作品だったかなぁ。絵も可愛いしエロいし、ラストは無理矢理締めくくった感があったので、またどこかの機会で巡り会えたらいいなって思いましたっ♪

短編ものは、短編だからこその魅力があったりして好きなんですが、やっぱダメだなー。

面白ければ面白いほど、『この物語でこれが見たい』とか思ってしまいます。

―なんかどうにもレビューと言い難い仕上がりになってしまいましたが、これからも時間が許す限りレビュー書きたいなって思ってます。アニメより漫画のが楽だったりして(笑)

ではでは。ハツハナ、是非お手に取ってみてくださいね!!(読んだ方ぐらいしかレビュー見てないとは思うけどww)




スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -
* Comment *









* Trackback *
トラックバック機能は終了しました。
Recent Entries
Category
Archives
Comments
Trackbacks
Plofile
[ RSS/ATOM ]
[ Mobile ]
qrcode