コンダクター | 梅干し紅茶






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています



コンダクター
2011/01/04
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


コンダクター〔1巻〕

著:野奇夜 原作/神永学





毎夜見る悪夢の元区を、カウンセラーの松崎と共に探るフルート奏者・奈緒美。空きアパートに忽然と現れた首無しミイラを追う刑事・石倉。物語がひとつに繋がったとき、思いも寄らない悲劇の幕が上がる――。

(※下記、ネタバレ注意)










八雲で知られる神永学さんの作品『コンダクター』のコミック1巻と2巻をやっと購入したので、感想書かせて頂きます。

さすがといっていいほど、何も関連性がない者達のそれぞれの話から始まり、物語は一つに繋がるという心理サスペンスのコンダクター。

まず1巻の感想ですが、カウンセラーの松崎さんイケメン←


一日目は、死後3年と推定される死体を調査する刑事や、何度も繰り返し見る悪夢に悩まされている大学生、そして古傷が痛む男性、ドイツ留学をしていたコンダクターの4人の風景。

コンダクターの結城さんも、すげぇ訳ありな雰囲気と鋭い性格と目つきに、メロメロです←

あ、玉木くんの彼女の秋穂さんが色っぽくて…というかむしろエロいレベルの美人で興奮。


二日目は、上記の4人の関係性がだんだん見えてきました。

コンダクターの結城さんと秋穂さんは、昔に恋仲であったらしく、訳ありで別れたらしい。

古傷が痛み、何かを忘れようとしている秋穂さんの現在の彼氏である玉木くんは、結城さんを見て何やら焦っている様子。


悪夢に悩まされてカウンセラーに通う大学生の演奏家である奈緒美ちゃんは、カウンセリング室に手帳を落としてしまったらしく、カウンセラーの松崎さんと待ち合わせをする事になったのですが…その手帳から、奇妙な写真が落ちてきました。

それは、同級生の玉木くん、秋穂さん、結城くん、自分である奈緒美ちゃん、そして…黒く顔を塗りつぶされた誰か――。


気になる三日目は2巻です!!

八雲の小田すずか先生が描いてくださった、結城くんがイケメンすぎて、最後まで興奮ww

あ、八雲と結城くんが描いてあるポストカードが入ってたんですが、かっこよすぎる…(笑)







結城くんもイケメンですが、やっぱり小田すずか先生の八雲の方がイケメ…ああ!!悩む←

ということで、1巻は謎だらけで終わりましたね。2巻はまだ読んでいないので、感想を書くのはずっと先だと思いますww

では、コンダクター2巻でお会いしましょう(誰だよww)






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -
* Comment *









Recent Entries
Category
Archives
Comments
Trackbacks
Plofile
[ RSS/ATOM ]
[ Mobile ]
qrcode