花と悪魔 9巻 | 梅干し紅茶






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています



花と悪魔 9巻
2010/12/24
Category≫マンガ感想 | comments(0) | -


花と悪魔〔9巻〕

著:音久無





遂にビビへのプロポーズを果たしたはな。ビビといつも通りの日常を送ろうとしていたその矢先、魔王ルシフェルが突然人間界へやってきた!魔王は魔界の異変に関する重大な事をビビに伝え、はなとの別れを促す。そしてビビが選択したのは!?

(※下記、ネタバレ注意)










いよいよクライマックスに迫る匂いがする9巻が、有り難い事に早くも発売されましたね!

一度は気付いたビビに対する恋心でしたが、記憶を無くしたりと、ずっと平行線だった花悪。

ですが、8巻ではついにはなちゃんが試練を乗り越えてビビにプロポーズが出来ました(欲を言えばビビからが良かったw)

その続きが9巻なんですが、ビビもはなに対する気持ちが恋心だと気付いたのに…魔界での異変は限界に近づいていました。


ビビとはなちゃんのラブラブさは何度見てもニヤニヤするw

今回、ビビは魔王さんに嫉妬したり顔を真っ赤にしたりと、いつもの素っ気なさはなく崩れているので、さらにニヤニヤ。

はなもはなで、魔王さんの苦しんでいながらの冗談を受け取って、迷わず血をあげようとする姿がなんとも可愛いですな。

はな2号も可愛いですが、やはり妹好きの私としては…(略)



今回エリノア&菖蒲さんは、はなのためにビビを説得する側で、意外と大人な考えで魔界に帰る事を進める側のフェルテン。

フェルテンって、フォアテリの伊織みたいな役回りだと思う。
いつもヘラヘラな感じなのに、実は冷静に事を見守っていたりする感じや、最初からこうなる事を的な所が似てる気がする。



まあそれはさて置き(笑)、エリノアって正直で良い子だなぁ。

「だけどはなの傍に居るのはあんたじゃなきゃ…あんたしかいないのよ!」と、そんな事はビビが一番解っているはずなんですが、それでも言わなきゃ気が済まないって感じのエリノア。

エリノアは、はな2号が誕生したお話からはなの面倒を見たり協力してくれたりしていましたが、恋をするもの同士、はなとビビのこの先を何とかしたいと思うんでしょうね。優しいな。




そして夏休み、はな達はまた椿ちゃんの別荘に遊びに来ていましたが…何故かビビも同行。

もう、このビビの変化を見ると嫌な予感しかしないんだがw

水遊びをするはな達を遠目で見ていたビビと、菖蒲さんの会話でさらに嫌な予感がMAX。


「はなはもう人間としての道わ歩いてゆける。菖蒲、はなを頼む」って言って、悲しい顔してるビビが切なすぎて泣ける…。


さすがの菖蒲さんもその異変に気付いて、トーニに聞いてみると「はなの周りの人間を見て知って確かめておきたい」という理由でビビは別荘に来たらしい。

それを知った菖蒲さんが推測するに「もしかしたらビビ様は…もう二度と地上には戻らないおつもりなのでは――」と。

51話の表紙、久無さんの絵じゃないみたいな綺麗さで、何かすごい切ないんですけど(笑)



途中にある番外編とか、水遊びではなが滑ってビビが誰よりも先に助けに行ってシャツをかけてあげる所とか、ビビ率いる男子群の入浴シーンとかも見所ですが、それどころじゃない←

52話の切なさ半端じゃない。

51話の、花火を見ている時にビビが無理やり二人きりの環境を作って、はなに魔界へ戻ると言ったシーンもやばかった。

「待ってるから だから きっと帰ってきて 大好き」と、純粋にビビの魔界へ帰る事を受け止めて、いつものようにダダをこねないはな、成長しましたね。

エリノアがこんな所悲しい現場なんか見たら、フェルテンにしがみつきながら号泣ですよw



そして52話の、ビビとはなの悲しすぎるお別れのシーン。


ずっと前にビビからプレゼントされた、はなの宝物である小さくて可愛い薔薇のネックレス。

これがあるからビビと離れても寂しくないというはなの言葉に逆らうかのように、車に乗ったはなにキスをして…はなのネックレスをちぎってしまうビビ。


「さよならだ、はな」


ビビ!行かないで!


なんなの、この少女マンガの領域を越えた神すぎるシナリオw

しかもやっぱり区切りのいい次巻の10巻で最終回ってさ、もう気になりすぎてハゲるよ…。






スポンサーサイト
2012/12/27
Category≫- | - | -
* Comment *









Recent Entries
Category
Archives
Comments
Trackbacks
Plofile
[ RSS/ATOM ]
[ Mobile ]
qrcode